鯛の栄養素 良質なタンパク源

2013-12-17

スポンサードリンク

鯛は消化が良いタンパク源

tai0014

お食い初めに使われる鯛は

離乳食にも最適な白身魚です

子供から大人まで安心して食べられる

低脂質高タンパクの食材

特に天然鯛の脂は良質で、

脂が乗った鯛でも100gあたり約140kcal
(鶏のささ身が100gあたり約100kcal)

肌や血管など体を作るためには脂も必要

畜肉の脂よりも魚の脂のほうが健康にいいのは知られていますよね

tai110001

ビタミンB1、ビタミンEも多く含まれています

ビタミンB1は、脳の中枢神経や手足の末梢神経の働きを正常に保つ役割があります

ビタミンEは抗酸化作用があり老化を防ぎます

末梢血管を広げ血行を促す働きもありますので、

動脈硬化や高血圧、脳卒中の予防にも欠かせません

塩焼き、煮つけ、酒蒸し、お鍋、鯛めし、お刺身、ムニエル、ポワレ

和食でも洋食でも、どんな料理でも美味しく食べられるのも嬉しいですよね!

untitled

【鯛の栄養成分 可食部100g中】

『天然・生』

カロリー 約140kcal

タンパク質 約21g

脂質 約6g

ナトリウム 約55mg

カルシウム 約10mg

カリウム 約450mg

ビタミンB1 約0.1mg

ビタミンB2 約0.05mg

ビタミンE 約1mg

コレステロール 約65mg

 

『焼き鯛』

カロリー 約226kcal

タンパク質 約23g

脂質 約13g

ナトリウム 約60mg

カルシウム 約20mg

カリウム 約500mg

ビタミンB1 約0.2mg

ビタミンB2 約0.1mg

ビタミンE 約4.5mg

コレステロール 約95mg

 

消化が良く、低カロリー高タンパクの白身魚

鯛を積極的に食べて健康な体作りを!


スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright(c) 2013 鯛(たい)料理 | 【魚屋のコツ】で簡単に『10倍』美味しくなる! All Rights Reserved.
FX初心者